運営団体のご紹介

かんしんテレビとは

運営団体

理事長挨拶

「人とコミュニティの金融」を実践し、
“まちづくりに貢献する組合”へ。

金融には色々なタイプがあります。代表的なものとしては、決算書を分析して格付けする“お金の金融”と、担保融資を中心とする“ものを見る金融”が挙げられます。一方、当組合が目指しているのは“人に対する金融”、つまり“人と人”、そして“人と人とがつながることで生まれるコミュニティ”との信頼関係に基づく金融です。信用組合は利益目的の組織ではありません。地域に根ざし、町の人に対してより良いサービスを提供することが仕事です。
町内会や商店街、地域を一所懸命盛り上げようとしている人たちと当組合は仲間であり一部なのです。これらの仲間や地域とのふれあいを大切にし、地域の発展と皆さまの幸せに貢献する金融こそが「人とコミュニティの金融」なのです。

信用組合の原点 「人の金融」とは

当組合の概要

平成29年3月末現在

設立 昭和40年5月10日
事業概要 中小企業ならびに一般個人のための金融機関
出資金 111億7,818万円
純資産 128億円
店舗数 都内26ヵ店【22支店 4出張所】
預金高 3,133億円
貸出金 2,395億円
組合員数 44,225名
役職員数 366名